仕事の流れ

システム開発にはさまざまな工程があり、いろいろな人が係わっています。
その中で、SEはどの工程でどのような役割を担うのでしょうか。
SEの役割について説明していきます。

課題の把握

SEがお客さまと打ち合わせを重ね、経営や業務の課題を把握し、開発の目的などを明確にします。
明確にした目的や認識をお客さまと共有します。

要件定義

開発の対象となる業務の流れや業務のしくみを分析し、システム化する要件を整理して要件定義書を作成します。
要件定義書はシステム開発の基本となるので、業務の理解力、問題点の分析力が重要になります。

基本設計

システム全体の設計を行うことで、システムの規模などを明確にします。それを基にチームメンバーと打ち合わせを行い、それぞれの役割を決めチームでの取組み計画を立てていきます。

詳細設計

基本設計をベースに具体的な仕様を設計していきます。

プログラミング

詳細設計を基にプログラムを組んでいきます。

テスト

構築したシステムが正しく作動するかをチェックし、問題点があれば改善します。

納品(カットオーバー)

お客さまに納品し、実際にシステムを稼働させます。

運用・保守

本番稼働後は、システムの運用・監視を行います。その中でお客さまからの問い合わせに対応したり、
問題が発生すれば改修・改良を行います。
必要があれば機能の追加を行ったり、他のシステムへの拡張へと話が進むこともあります。