人材育成

キヤノンITソリューションズの人材育成

キヤノンITソリューションズではキヤノングループの

・企業理念「共生」

・行動指針「三自の精神」

に基づく行動がとれる人材の育成を目指しています。
「みずから成長する意欲があり、努力している人材に対して教育の機会を計画的に与える」
をベースに、業績に貢献する能力を持つプロフェッショナル人材の育成を行っています。

育成体系の枠組み

体系 内容
新入社員教育 現場の業務を遂行するために必要な基本的知識・スキルの習得
階層別教育 役職・ポジションにおける役割を認識し、
組織に貢献するために必要な知識・スキルの習得
ヒューマンスキル教育 パーソナル系を中心とした知識・スキルの習得
(リーダーシップ・ネゴシエーション等)
技術教育 SEが共通して身につけるべきスキル、部門の事業戦略に特化した専門技術の習得
その他 資格取得支援
TOEIC受験支援  等

新入社員教育

一人ひとりが自分の成長を実感できる場と機会の提供

1年をかけて自立したSEに成長することを目指した研修です。

  • 内定者研修

    入社までの準備として、社会人に求められている姿勢や知識、ITの基礎知識をe-Learningや集合研修で学びます。

  • 新入社員集合研修

    学生から社会人へ意識と行動を変えるとともに、業務を遂行するために必要な知識やスキルを、約3ヶ月間の集合研修で学びます。キヤノングループの風土を体験する機会もあります。

  • 配属部門別研修・OJT

    配属される部署ごとに必要なスキルを、現場の先輩の指導や研修を通じて学びます。OJT(On the Job Training)期間は、仕事の進め方や業務知識を、個人ごとの育成計画に基づき実際に仕事をしながら経験を通して習得します。

  • フォローアップ研修

    OJT期間中は、定期的な集合研修により学びを深めます。1年目の終了時には、配属後の業務を振り返り、2年目に向けてさらなる成長を目指します。

階層別教育

自分が位置する役職・ポジションの役割を認識し、組織に貢献するために必要な知識・スキルを習得する研修です。各ポジションの昇格者向けにマインド・スキルなどの強化研修が実施される他、全管理職向けの研修やホスピタリティ、コンプライアンスなど目的別の研修が実施されています。

ヒューマンスキル教育

社員の成長をサポートするため、職種に共通なビジネス系のスキルを上げることを目標に、入社2年目~中堅社員(入社約15年程度)を対象に行われる研修です。

技術教育

●共通技術

SEが共通して身につけるべきスキルを学びます。

【若年層技術者向け基礎教育】
 入社2・3年次において必要とされる、IT知識の基礎を学びます。

【SE向け実践教育】
 システム開発の各工程(要件定義、システム設計、テスト工程等)やプロジェクトマネジメントにおける知識
 と実践スキルを、豊富な演習や実例に基づくケーススタディを通じて学びます。

●部門別技術

部門の事業戦略に特化した専門技術を学びます。