“プログラミング未経験者だった私が、
  今ではお客さまから信頼されるSEに!”

  • SIサービス事業
  • 2008年入社
  • Y.I

文系出身でも成長できる教育制度に惹かれて入社

私は経営学部出身で、プログラミングには無縁の学生生活を送っていました。しかしもともとパソコンを使うのは好きで、「自分でシステムが作れたら面白そうだな」と思い、IT業界に興味を持つようになりました。文系出身者でもSEになれる教育制度に惹かれ当社を志望しました。入社当時はITの専門用語を全く知りませんでしたが、新入社員研修で基本的なITスキルとビジネススキルを身につけた後、アパレル企業向けのシステム開発を行う部署へ配属となりました。配属後は先輩が常にサポートしてくださり、わからないことがあると何時間もかけて私が納得するまで指導してくださいました。おかげで、システム開発の本質的な仕組みをしっかりと理解することができました。つきっきりでサポートしていただいた先輩たちには今でも感謝しています。当社には面倒見のいい社員が集まっているように思います。

大学で使用する
基幹システムの開発を、
企画段階から担当

私が現在担当しているのは、ある大学の基幹システム開発です。週の半分は大学を訪問し、教務課・学生課・情報システム課の担当者と密にコミュニケーションをとりながら開発業務を行っています。具体的な仕事内容はシステムの企画・要件定義がメインとなります。この仕事の面白いところは、お客さまとの距離が非常に近いうえ、お客さまへの課題解決をダイレクトに提案できることです。SEとして上流工程から入ることで、開発の背景までよくわかり、「お客さまのためにこんなシステムを作りたい」という意志を反映できるのでやりがいを感じられます。エンドユーザーの中には学生も多く、スマートフォンで動作するシステムなど最新の技術を使用する機会もあるため、技術者としてのスキルアップするチャンスにも恵まれています。

“マネジメントスキルに磨きをかけ、
PL・PMを目指したい”

SEというとITに関する技術力や知識が注目されがちですが、上流工程になるほどお客さまとのコミュニケーションが重要になります。私も今の仕事で一番気をつけているのは「いかにお客さまにわかりやすく考えを伝え、納得していただくか」です。そういう意味では文系的な能力も役立っているように思います。今後も引き続き提案スキルやマネジメントスキルを磨き、PL(プロジェクトリーダー)やPM(プロジェクトマネージャー)などにもチャレンジしたいと考えています。開発するシステムの分野についても幅を広げていきたいですね。当社は業種に関係なく一般企業向けのシステムはもちろん業種に特化した金融、製造、流通、文教など幅広い分野で豊富な実績があるので、チャンスが豊富な環境だと思います。

“学生のみなさんへ”

どの会社に入社するかを決める時、迷うこともあると思います。そんな時は会社名や周りの評価で決めるのではなく、自分自身が直感的に合うと感じた会社を選ぶのがよいのではないでしょうか。私も当社を選んだ決め手は、選考の中で出会った人事担当や社員の方を見て「このような社員がいる会社だったら、きっといい会社に違いない」と感じたことです。文系・理系を問わず、コミュニケーションを取ることが好きで、お客さまの立場に立てる人なら、当社のSEに向いていると思います。

“一日の流れ”

  • 9:00

    出社
    出社後はまずメールチェック。一日のスケジュールを確認し、打合せの準備や資料作成を行います。この日はお客さまである大学の担当者の方との打合せ内容を確認しました。
  • 10:00

    お客さまとの打合せ
    お客さまである大学には週に3~4回伺い、打合せを行っています。この日の打合せ内容は、既存システムの保守内容の確認と、新規システムの仕様決め。システムを使う現場の声をヒアリングしながら、お客さま目線でベストな提案を行います。
  • 13:00

    社内打合せ
    社内に戻ってからは、上司に現在抱えているプロジェクトの進捗状況を報告し、今後の業務について確認します。基本的にプロジェクトの進め方は私に任せていただいていますが、困ったことがあればいつでも相談できるので心強いです。
  • 15:00

    提案資料作成
    次回、お客さまに対して提案を行う際に使う資料を作成します。打合せ時もそうですが、資料作成時に気をつけているのは「わかりやすい言葉で、確実に相手に思いを伝えること」。専門用語をかみ砕いて説明できることも、SEのスキルの一つだと思います。