“世界中で使われる製品を開発する喜び。”

  • エンベデッド事業
  • 2007年入社
  • T.K

大手メーカー製標準カーナビの
ユーザーインタフェースを、
チームリーダーとして開発

私が現在携わっている開発は、某大手自動車メーカーが標準仕様として搭載しているカーナビゲーションのユーザーインタフェース(UI)部分です。このカーナビゲーションはグローバルに展開しているメーカーの製品ですので、国内はもちろん北米、ヨーロッパ、中国など世界中で使用されています。この中でも私が担当しているのは、ユーザーの目的地設定や道案内といったナビゲーション機能の主要部分になります。全機能で数百画面にのぼる規模で、そのうちの一部機能を5名のチームで作成しています。私はそのリーダーを務めています。我々のチームは、お客さまの要望に沿った仕様に基づき設計、コーディング、テストを行う工程を担当しています。
開発業務の中で気をつけていることは、ただ言われたとおりにコードを書くのではなく、UI開発者としてより高い品質を追求することです。「このページのレイアウトは他のページと統一感を出すためにこう変更しましょう」「このデザインはこうしたほうが見やすいですよ」など、ユーザーの視点に立ち、お客さまへ提案を行うこともよくあります。

自分が携わった
製品が世に出て、
評価されるやりがい

この仕事をしていて達成感を覚えるのは、自分が開発に携わった製品が無事にリリースされ、実際に販売されているのを目にするときです。標準カーナビは利用者も多く、実際に私の友人や家族の車に設置されているのを見ると「ああ、頑張って開発した甲斐があったな」と思います。このカーナビが、日本以外の様々な国でも多くのドライバーの役に立っているのだと思うと、さらに嬉しくなりますね。
一方、職場でやりがいを感じるのはお客さまに仕事の品質で評価をいただけたときです。私はリーダーとしてお客さまと折衝することが多く、ドキュメントやシステムの品質に対する意見はお客さまから直接いただけます。時には厳しい意見をいただくこともありますが、それも当社がUI開発のスペシャリスト集団として信頼いただけている証だと考えています。開発の意図や方針を、チームメンバーに共有することはもちろん、お客さまにもご理解いただくことで、開発を成功に導くプロセスにもやりがいを感じています。

“自動車関連ソフトウェア開発の
スペシャリストとして、
様々な製品の開発に挑戦したい”

私は入社してから現在まで、カーナビの開発に携わっています。もともと車が好きな私にとって、モノづくりの醍醐味を深く味わえる今のチームに入れたことはとてもラッキーだったと思います。愛知県の職場は県外からの転勤者が多いこともあって社員同士の仲がよく、オフの日に上司・部下関係なく集まってサッカーやバーベキューなどを楽しむことも珍しくありません。もちろん仕事でも気兼ねなく周りの先輩に相談ができますし、そうした環境のおかげでここまで成長できたのだと思います。
当社ではカーナビ以外にも、エンジン制御システムをはじめ様々な自動車関連ソフトウェアの開発を担当しています。今後はカーナビ以外の製品にも携わり、幅広い業務で経験を積み、自動車関連ソフトウェア開発のプロとして技術を極めていきたいです。

“学生のみなさんへ”

就職活動中に明確な目標が固まっていないからといって、不安に感じる必要はありません。私もそうでしたし、いろんな業界の面接を受けることで目標が明確になり、いい経験になりました。それより大事なのは入社してからだと思います。私の場合、当社に入ってから「何かをやり遂げた」という達成感を深く感じることができました。モノづくりに興味がある方は、ぜひ一緒に働きましょう!

“一日の流れ”

  • 10:00

    出社、管理業務
    メールチェックや一日のスケジュールを確認します。 チーム内の業務の進捗管理や、お客さまとの打合せを行います。チームリーダーとして、メンバーのモチベーションアップを図ることも大事な仕事。仕事を押し付けるのではなく、意見を聞き、相談しながら仕事を任せるようにしています。
  • 12:40

    昼食
    先輩社員と一緒に食堂で食事をとります。
  • 13:40

    お客さまとの打合せ
    新規案件に関して、仕様や設計方法の打合せを行います。円滑に開発プロジェクトを進めるため、お客さまとコミュニケーションは密にとることを常に心がけています。
  • 15:00

    開発業務
    開発中のUIの設計・開発・レビュー、不具合の検討等を行います。